top of page

新東京歯科技工士学校ー合同就職説明会


2022年6月4日に新東京歯科技工士学校で開催された合同就職説明会に参加しました。

スワデンタルは2020年から新東京歯科技工士学校のこういった催しに参加するようになり、合同就職説明会は今回で2回目です。

 

今年お話ししたのは留学生24名を含む2年生91人で、学生の人数の多さにさすがに全国でも指折りの歯科技工士養成校だと毎回圧倒されます。


説明会は全員に会社紹介をする前半と、志望者を対象により詳しい話をする後半の2部形式です。後半のスワデンタルのブースには合計36名というたくさんの学生が聞きに来てくれました。

 

ただスワデンタルの強みであるCAD/CAM設備の充実や、若い世代を中心とした活気などは言葉だけでは伝えにくいところがあり、今回の説明会をきっかけとしてぜひ実際に見学に来てほしいところです。



日本の歯科技工所では近年大いにCAD/CAMが利用されるようになりました。そしてこのCAD/CAMという分野は若い世代が非常に期待される分野です。


スワデンタルでの実際の取り組みからは、たくさんのデジタル機器に触れて育ってきた世代と、そうでない世代とではCAD/CAMへの親和性に大きな差がある、という事を認めざるをえません。


弊社CAD/CAMセンターの最高齢は私、45歳ですが、一回りも二回りも違う技工士たちのCADの速さ、新機能の使いこなしの見事さといったらありません。まったく畏敬を覚えます。


今年の4月にはCAD/CAMインレーが保険導入され、日本の歯科ではCAD/CAMの重要性がますます高まっています。若い世代の技工士さん達にはぜひスワデンタルでスキルを身に着けて、この分野で存分に羽ばたくことを望んでいます。

Comments


bottom of page