suwadentalphoto20220209 (7).jpg

Crown & Bridges

開業したばかりのスワデンタルは、人数は事務を含めて4人、下請けで保険のインレーを専門的に作る技工所でした。その頃に入社した新人たちが今では各営業所の所長級を務めており、その成り立ちから架工の仕事はスワデンタルの根幹をなす部門です。

​現在ではジルコニア製品の仕上げを主な業務として、メタルボンドやプレスセラミックなどのセラミックス、ハイブリッドセラミックス、そして保険適用の12%金パラジウム合金を使用する各種装置の製作を行っています。