suwadental2022.2  (1).jpg

​Implants

インプラント関連の技工はCAD/CAMの使用が一般化してから大きく進歩しました。既製のアバットメントを手で削ることはもはやナンセンスで、理想の縁下形態を求めてカスタムアバットメントを使用することが当たり前となっています。また治療の経過に応じて着脱が可能なスクリューリテイン方式も広く使われるようになりました。

​カスタムアバットメントもスクリューリテイン方式に用いるチタンベースもCAD/CAMなしには利用できません。スワデンタルではCAD/CAM設備の充実とともに、これらCAD/CAMの使用を前提としたインプラント上部構造体製作を専門に行う部門を設立しました。