suwadentalphoto2 (13).jpg

About us

株式会社スワデンタルは1983年に現代表の朝倉桂一によって、長野県茅野市で創業されました。以来、日本の歯科診療所の最良のパートナーを目指して歯科技工業を営んでいます。

近年では歯科技工でCAD/CAMが大いに使用されるようになり、歯科技工という職業自体が変化を起こしています。CAD/CAMには非常に高い製作効率、高いレベルで安定した品質、CAD/CAMでしか加工でできない材料、といったこれまでの歯科技工にない特長があり、高い需要があります。その需要に応えるために弊社では業界に先駆けて、率先して設備の導入と人材の育成に努めてきました。結果として現在では総売り上げの半分をCAD/CAM関連の製作物が占めるまでになりました。

そして最近の傾向として、新しく開発される材料や、その材料の使用に付随するテクニックもほとんどがCAD/CAMの使用を前提としています。

これらの新しい技術にの中には、長年、歯科の夢とされてきたものが含まれています。丈夫で壊れにくいセラミックス、正確無比な印象、予知性の高いインプラント治療、ワイヤーを使用しない矯正治療などいずれも大きく臨床に寄与する物ばかりです。

歯科診療所、そしてその患者様にこれらの新しい技術がもたらす幸福を享受してもらうためには、従来よりも歯科技工所のはたす役割が大きくなってきていると感じます。

それはこれらの新しい技術は歯科診療所だけでなく、我々歯科技工所側にも対となる設備があって初めて有効に機能するからです。

つまりデジタル時代の歯科技工所は、常に最新の設備に投資し、それらの性能を引き出して使いこなす、というこれまでとは違った方法が求められているのです。